<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

☆ 園芸講座2 ☆

引き続きお助けマンの乗っ取り更新 って言うか主客転倒気味になっています


今回は園芸講座の2回目です

講座名から連想した講義内容はもっとワイルド(?)な例えば庭木の剪定とか庭木や花木の定植や

移植 あるいは石その他を置き花や木を植えるガーデニングなどを想像していましたが

本日は苔玉盆栽づくりです 最初はえ~っ!私が期待しているのは少し違うんだけど・・・

と思っていましたが 考えてみるとガーデニングなんて完成した庭を見学することはできても

造る過程を体験するなんてことは講座として計画しにくいと思うし まして「あれはいや」とか

「これが良い」とか言っていると 同じ園芸講座を受けに来ている人で鉢植えや今回のような

インテリアに繋がるような盆栽を求めている人を不愉快にさせてしまうような気もして・・・・・
b0146353_3285897.jpg

そんなこんなでとにかく今まで経験したことのない苔玉盆栽作りに挑戦しようと考えたわけです

(実は教材費を前回すでに支払い済みだし・・・)

9時から材料を並べて 机にシートでカバーをかけて授業開始
まず土の調合
1.けと土5 砂1 赤玉土3 薫タン0.5 腐葉土・鶏糞各5%程度を混合して耳たぶぐらいの硬さに練る
2.花苗根株をゆるめて土はほとんど除く 長い根は切る
3.水苔を手のひらに広げる
4.水苔の上に練ったけと土を広げる
5.苗を中心に根をつつむように水苔を球状に丸める
6.おにぎりを握るようにして糸をかける(糸を巻いて球状に丸める この時糸は緩めにかけるのがコツ)
7.はい苔で包む(底は除く)ようにかぶせ糸をかける
b0146353_3304436.jpg

こんな材料を使って 30分ほどで出来上がり 

人によって多くの材料を丸めて大きな苔玉や小さな苔玉などまちまち 私の苔玉は小さいほうかな
b0146353_33389.jpg

管理は 1日1回底から水が流れ出るくらいたっぷりと

鑑賞のために1日屋内に入れたら3日は屋外で日に当てて058.gif

水のやりすぎは根腐れを起こすのでトレイに水はためないこと

とこんな事を学んで出来たのがこれです
b0146353_3335384.jpg


しばらく我家のインテリアとして目を楽しませてくれるのでしょうね きちんと管理した場合どれぐらい

もつのかなぁ ちゃんと聞いて来ればよかった

屋内だけではだめで 1日屋内に置いたら3日屋外で日に当てるようにしたら良く育つって

言っていました018.gif 

自分で作って自分で管理するとそれはそれで愛着がわくのでしょうね056.gif




次回は農園に出て松の剪定です 松の剪定には通常の片刃のものより両刃の剪定ばさみが

良いとのことです 帰宅後探してみよう どこかにあるはずです
[PR]
by dome_house | 2010-05-27 06:00

☆ 芸術の島 ☆

最近はお助けマンによりこのコーナーはほとんど乗っ取り状態です

オーナーさん ごめんなさい006.gif

2010年5月22日 曇りのち雨(の予報)風:穏やか 気温:暑くもなく寒くもなく の天気の中 

今旬の「直島」に行ってきました なんてったって直島にはベネッセコーポレーションの

「地中美術館」があります その他にも全島挙げて観光に取り組んでいるって雰囲気が

伝わってきました 

朝は割とゆっくりでH市からの仲間とF市で合流 車で一路宇野港へ向かって出発

宇野港では約40分待ちで次のフェリーがありました

 これって本当にネットで事前に調べた時間通り?と思いつつ  

直島内の足は事前のネット検索によると「島内定期乗り合いバス(これが20min~1h/便)」

「レンタサイクル(各港にレンタルショップがあり各ショップに乗り捨て自由?)」と「文字通り徒歩」

の情報と宇野港の有料駐車場は¥500/30min フェリーでの車の往復は¥5,000前後

利便性を考えれば断然フェリーで車ごと渡ったほうがおトク!以上のような計算があって

車も乗船させることに!
b0146353_9261275.jpg

先に昼食を済ませるには時間が足りないし・・・という訳で「向こうで食べようね」に統一していざ乗船

意外に大きな船で1階の車両専用甲板は乗用車のほかに10tonはありそうな大型のトラックまで

乗っています 2階かな3階かな の船室はきっちり喫煙エリアが分けられて十分な椅子とスペースが

用意されておりたった20minの船旅にはもったいない位

空いた椅子に腰をおろして間もなく鈍い振動とともに岸壁を離れた様子
b0146353_9275139.jpg

見ると船中でお弁当を広げている人があちこちに ここでやっとこの選択肢もあったよねと

一同気付いたことでした

船主甲板に出てみると風が頬に心地よく進行方向左手に見えてきました 

島のシンボル(と勝手に決めちゃってますが)赤いカボチャがだんだん大きくなってきて
b0146353_9295458.jpg

ほどなく宮ノ浦港上陸 食べ物を探すのを忘れて次々降りてくる車に背中を押されてすぐにスタート

したものですから車中は「なんか食わせろ」「死ぬかもしれん」とか姦しいことしきり 

持参した島内案内書を広げて食べ物屋さんを探すことに・・・


目的地方向に海浜公園「つつじ荘」に軽食があるのを見つけてわき目も振らず到着
b0146353_9332578.jpg

そこから黄色いカボチャも見え散策お勧めエリアとのこと つつじ荘にはパオもあるはずですが

目にしなかったですねぇ 夏の間海水浴場の海の家でトイレやシャワールームも完備した施設で中央付近

のカフェに入ると 係のお姉さんの「定食はすでに本日終了しました 後はキーマカレーとはやしと・・・」に

ちょっとガッカリ 気を取り直して残る軽食のうちから一番ポピュラーな「キーマカレー」を待つこと数分 

屋外テラスでおなかに燃料を補給していざ最初の目的地「地中美術館」に出発!   

不安になるほど細く急な坂道を登り且つ下って到着したのは地中美術館チケットセンター

ここでチケットを求め係員さんの説明や注意事項を聞いて徒歩5分ほどの地中美術館へ!

経営はなんでも財団法人直島福武美術館財団だそうです 
b0146353_934499.jpg

母体はご存じ「赤ペン先生」(今もあるのかなぁ)のベネッセコーポレーションです
b0146353_936420.jpg

Museumまでは来場者の意識をクロード・モネの睡蓮に意識を凝縮するかのごとくモネの睡蓮の池を模した

「地中の庭」と称する庭園があります 庭園を通り過ぎるとすっかりモネの虜になり美術館の思うつぼです

いよいよ地中美術館に入るのですがゲート以降は撮影禁止です

と・・まじめに言いつけを守って以降写真はありません

暗いトンネルをくぐって何度も角を曲がりさらに上り下りをくり返し 微妙に傾いた壁を持つ

コンクリートのトンネル 微妙に狭くなっていく廊下で完全に方向感覚や通常の平衡感覚から切り離されて

最後の角を曲がってスリッパに履き替えて最初に目に飛び込んでくるのは

縦2m横幅6mにも(二枚組で)及ぶ圧倒的な睡蓮の絵の前 他の4枚の絵の印象を心に描くのを

忘れてしまうほどでした

でも(ベネッセさんには叱られるかもしれませんが・・・)絵はこれだけですよ

これ以外は白い壁が作品であり ガラス越しに見える空が作品であったり

とにかく不思議な空間の連続です 

最も不思議な(と私が感じた)のは靴を脱いで8人以下で鑑賞するジェームズ・タレル室

と称する空間です ここでは詳しく記しませんがまるで雲の上を歩いているかのごとき空間でした

続いてウォルター・デ・マリアの大理石のボールがある彫刻の空間を体験して展示はお終い

最後に地中カフェと称する展望カフェに 飲み物を注文し飲み物を持って屋外テラスに!

外は瀬戸内海を一望できる屋外展望カフェテラス ここで長~い時間ボ~と余韻に浸ったり

同行者と語らったりすでに初夏なのでしょうが春霞のようなボワーとした景色を眺めながら

至福のひと時を・・・・

美術館内は撮影禁止なのでもちろん写真はありませんが

唯一このテラスからこっそり写真を写したのです

小心者なのでまともに構えられず水平が傾いてしまいました 本当は松の後ろに多数の島影や四国山脈

(?)が見えるのですが霞でほとんど映りませんでした
b0146353_9404686.jpg

他の人はとみると堂々と一眼レフを建物に向いて構えたりケータイで写したりとやりたい放題の感も・・・

(もっとも建物は固有の財産だけれど海に向かっての景観は共有の財産だし最低限の写真は

許してもらえるはず)っと勝手な言い訳を心の中で構成したりしながら 





むっ

ふと気がついてカフェを後にしたものの他にどこかに行くッテ時間は残っていない状態に!

止む無く直島町役場がある本村地区に ここには宿泊施設としての民宿や「家プロジェクト」

と称するアートな展示?があったりの地域を通過したのみで車からも降りずに一路宮ノ浦港へ 

宮ノ浦地区は「I053.gif湯」や007赤い刺青の男記念館 三菱マテリアル生協などがあり

当然フェリー乗り場には思ったより品物も少なく売り場面積も小さい「海の駅なおしま」
b0146353_9453321.jpg

がフェリー待ちの客で混雑していました

当然赤いカボチャも・・・・・・・
b0146353_9434027.jpg


ところが宇野港にはそうしたお店がありません フェリー待ちのお客のための待合室はある

のですが売店はありません フェリー待ちの都合上宇野港から離れられない人ために目の前に

弁当やお菓子類などあったほうがいいと思うのです 今後しばらく直島ブームは続くでしょうから 


 そんな訳で直島を知るなら日帰りでなく1泊2日が最適なそんな気がしながら帰路に・・・着きました

同行いただいたお二人さん 勝手に後ろ姿を拝借しました ありがとうございました お疲れ様でした
[PR]
by dome_house | 2010-05-23 10:06

教養講座に参加してきました 

今回は尾道出身で現在静岡県立大学名誉教授を務めておられる高木桂蔵先生です。
b0146353_6194762.jpg

「日本一の街 おのみち市」と題して 尾道市は風水でみると北東西に山があり

南が開けて道が東西に走ってさらに水が流れているという 

この上ない立地条件を備えている

そして問題はそう思うことが必要なことだ 

実際奈良の都(平城京)も京の都(平安京)も風水上で非常に優れた

ロケーションを備えている って具合に

b0146353_6184371.jpg

我々にとって 住んでいる町・生まれた町おのみちは一番いい街・素晴らしい街と思うこと

思い込むことは簡単ですよ どうするかと言うと  そうです愛すれば良いんです

で 良く聞いていくと大切なことがもう一つありました 

住んでいる人が「明るい」ことが重要ですとおっしゃっています 

タレントでも政治家でも暗い人は大成しない 成功しているのはみんな明るい人 

明るい人が他人をほめ 尾道をほめ まわりをほめれば良いのだそうです


そういえば何かの本に「自分がそうなりたいと思ったら そうなった自分を描いて

そうなるように強く望み続けること そうすることで必ず実現する」

と読んだことがありますし

日本人の潜在的な信仰に「言霊」というのがあって

「あることを口に出してそのことを言えばそのことが現実になる」信仰だったと記憶しています

だから不幸なことや不吉なことは口に出してはイケない 

逆に幸せなことや楽しいことうれしいことを考えたり口に出して言うとそれが実現すると・・・



唐突ですが講演の中に尾道市の市民憲章の話がありました

市民憲章は「先人の偉業をしのびつつ 郷土を愛し・・・」と続くのですが 

先人の偉業と言えば 司馬遼太郎の「坂の上の雲」のTV一場面で 日本海海戦において

旗艦「三笠」の艦橋で中央の東郷平八郎 隣に主人公の秋山真之と その隣で髭をたくわえて

測距儀を覗いている安保清種(あぼきよかず)砲術長(のちの海軍大臣)は尾道の出身ですよ

その方お孫さんで演者の長江中学校時代の英語の先生が本日会場に来られています


その恩師の前でこのようなことをしゃべるのはおこがましいのですが・・・・と日本海海戦

 203高地 旅順港封鎖作戦 バルチック艦隊等 日露戦争をひとしきり

なんでも有色人種が白人に勝った世界で初めての戦争なのだそうです


そんなこんなで あっと言う間の90分の講演が終わり席を立ったその時

通路の後ろに座っておられる私の恩師を発見しました

 「あっ先生!お久しぶりです○○です 半年ぶりですね」 と挨拶をしたのも昨年11月

出身中学校の同窓会で恩師の一人としてご出席いただいた安保先生だったのです 

先ほどの話は安保先生だったのですかとお聞きすると

「あまり人には言わないようにしているから」と控えめに教えていただきました

世間は狭いです 講演の話・TVドラマ・歴史上の偉人・恩師と

すべてが一瞬でつながったのですから・・・・

b0146353_6385629.jpg

恐縮ですが安保先生の写真を借りてきました 万一不都合がありましたらすぐ対処します
その旨コメント願います (編集者)
[PR]
by dome_house | 2010-05-19 06:47

☆ 鉢植え ☆

058.gifゴールデンウィークに続く晴天継続記録だそうです058.gif

 天気が良いのはありがたいのですが お百姓さんたちの田植えの準備はどうなんでしょうか

まぁ今までよく降っていますので水不足はないのでしょうね

ただし我家の夏野菜は水不足気味です 特にナスが夕方にはヘロッとなっています

もう小さな果実が付いているというのにこの調子では体力を消耗しかねません

一生懸命水やりをしております057.gif


056.gifさて鉢植えはと言うと同じ状態なのですが目が届くところにあるので

こちらは特に意識せず水をもらっています

水をもらってイチゴがもうすぐ収穫時期を迎えそうです 少しイチゴ色になってきました
b0146353_13571564.jpg


木香ばらも満開ですが 今年は大量発生の毛虫くんのターゲットになって一時は

かわいそうな事になっていました
b0146353_1358762.jpg


ばらと言えば福山市のばら祭りは先週末だったのですがこちらのバラはまだつぼみ

開花までもうしばらくかかりそうです
b0146353_14122868.jpg


今年の毛虫くんはバラ系が好きなんでしょうか 例年毛虫くんはツバキやサザンカなどの

エナメル質の葉っぱの木に発生するものと思っていましたが 

今年の毛虫くんは柿の木や樫の木の若葉に多く発生しているようですがその後は風に乗って

細い糸を引きながらバラをはじめ あらゆる若葉や若芽に付いて葉っぱに穴をあけています007.gif



お願いだからもう勘弁してください025.gif 

願いが通じたのかこのところ少し減ってきたような気がします
[PR]
by dome_house | 2010-05-17 14:19 | お庭で

またまた お客さん

夕方白髪染めの営業にオバちゃんが二人来られました。(まだお世話にならなくていいのです)

ドアを開けると二人とも大笑い。003.gif003.gif

「いや、お宅のオープンハウスに来させてもらってから、通勤の時にいっつも眺めて通って、今日やっとここの地区の担当営業になって来れたんよー。もう今日の仕事終わってもいいわ。白髪染めの会社なんだけど・・・いらないよね~」って。

こんな営業のオバちゃんたくさん来られます056.gif 知らない人でも嬉しいですね。



んで庭や置いてある木製犬や木製鳥をひとしきり褒め、

「いや、やっぱりお家にマッチしとるねー、これで灯篭とか置かれたら、ね~!!」とか言ってジュースのチラシを置いて帰られました。

始終にこやかで(というよりずっと笑ってる)、
「今度ジュース、ポストに入れとくけーねー」って(てか今日もっておいでーよ)
どこまでもマイペースなお客さんになんだか楽しい気持ちになりました037.gif053.gif

b0146353_2217458.jpg
[PR]
by dome_house | 2010-05-13 22:19 | ドームハウス

☆ 大学1年生 ☆

入学式から早いもので20日余りが経ち 早くも2回目の野菜講座です

さっそく実践で各班に分かれて作業するのですが 我が班はゴーヤの苗植え付けと種まき

中玉トマトとミニトマトの植え付け さらにスイートコーンの種まき 

他の班もそれぞれ大根・おくら・さつまいも・インゲン キュウリ なす・トウガラシ・枝豆・

すいかとアビオス(何だアビオスって 知らないねぇ=つる性の植物で芋を植えて芋を食する 

花を観賞する新しい野菜だそうです))等を植えたり播いたり 

その他にもエンドウの収穫などもありました


事前に指定された福祉センターに集合し 世話人さんを見ると おお久しぶり 中学校の同級生

ではありませんか 


作業前にも後ろから「○○くんじゃないか」と声がかかりここにも中学校の同級生が・・・

何人か集まれば是非一度068.gifとこんな話になるのは偶然でしょうか 必然でしょうか


実は前回(欠席しましたが・・・)草取りをし 耕して 肥料と石灰を入れるところまでは

やっていただいたそうです

b0146353_546538.jpg

その畑に今回は前述の野菜を植え付けたり種まきをしたり仮支柱を立てたり 

寒さに弱い苗には防寒対策を施したりしたわけです

b0146353_5471016.jpg

まずは講師の説明を聞いて班ごとに分かれて作業をするわけですが 

我が班が植え付けをする作業手順は経験できても 他の班の作業内容は経験できないので

ちょこちょこ抜け出して他の作業を勉強したりもしました

b0146353_5485495.jpg

我が家で近いうちに植えようと思っている 他の班のサツマイモの植え付けは念入りに

勘所を見て回ったのです

頭ではわかったつもりでもいざ作業をするとなると覚えていないものですから


早速やっちゃいました その日配られたレジュメを見ながらやったのですが

後で指摘されて間違いに気づいたり・・・008.gif

まあそこは植物の寛容さが許してくれるでしょう 001.gif

一応の決めごとがあってもその通りにしないと実を付けないという訳ではないでしょうから

たっぷりと水をあげて057.gifこんな感じに・・・
b0146353_5591887.jpg


そんなこんなで約3時間を費やしてすべての作業を終え収穫した絹サヤエンドウをお土産に

家路についたのです

055.gif

055.gif

055.gif
追伸 ご指摘ありがとうございました040.gif ご指摘の通りですね 

気がつきませんでした そっと直しておきます
[PR]
by dome_house | 2010-05-13 06:13 | 早いもので

こんばんは004.gifがぶぅです072.gif

久々の更新です012.gif
(ってお助けマンとかぶちゃいましたね072.gif

今日は息子の参観日の為、

仕事を休み、子供たちと一日しっかり遊びました003.gif

午後のひとときをお庭で過ごしていると・・・・・・034.gif

050.gif


050.gif


050.gif


050.gif


050.gif














061.gif

b0146353_23235980.jpg




















b0146353_23245918.jpg



















初めて見る青色の卵(の殻)を発見070.gif070.gif

うーん何の卵だろう056.gif

無事に孵ったのか、食べられちゃったのかは

わかんないけれど、

ドームハウスの庭での発見でした019.gif
[PR]
by dome_house | 2010-05-12 23:29 | お庭で

☆ 母の日 ☆

056.gif 今年のGWは最後まで好い天気に恵まれ母の日も晴天でした

そこでちょっと有名になりつつある世羅高原農のチューリップ祭に出かけてみました

もちろん母が一緒です
b0146353_16251090.jpg

入場者が一様に入場門をくぐった最初の言葉が「わぁ~」とか「お~」とか感嘆の言葉です

実際画像でそれが伝わるか心配ですが 行ってみると本当に「おー すげぇ」と

言葉が出るぐらい見事です 

b0146353_16402062.jpg

この見事なチューリップをおすそわけということでしょうか 少しのお金を払って球根を自分で

掘って持ち帰るエリアがありました お金を払うと「何個ですよ この範囲でお願いします」 

と掘り出し用の竹べらと袋を渡してくれるようです (後で調べたら@¥100でした)

来年は我家でこの花が見られると買って行くのでしょうか(でも本当は少々の球根では

こんなに見事に咲きそろうことはあり得ないのですが・・・・・)

少し苦言を呈するとすれば10人中10人が車で来るロケーションなので駐車場案内の係員は

いるのですが係員が少ないせいで駐車場に引き入れたものの後は勝手に空きスペースを

探せというスタンスで駐車場内をぐるぐる 

早く入った車が早く止められる訳ではないというのが不満かな


 また観光地に限らず混雑した場所はどこもそうなのですが女性用トイレにかなりの

行列が・・・   しかし場内のトイレはきれいでしたよ

b0146353_16283862.jpg

1時間ほど場内をうろうろして 食事を・・・とレストラン?に入ったのですが世羅の食材に

こだわった「お花見御膳」は売り切れ そのほかはバーベQと定番のうどん・カレーの軽食

でこちらはあまりお勧めではないようです 

レストランのほか花カフェでハーブティーなどもあるようですが考えてみればこれだけの

農園の管理に季節限定とはいえ食事に注力する余裕など無いでしょうから

b0146353_1647855.jpg

基本的に持ち込みOKであちこちの木陰で弁当を広げている家族やカップルが

たくさんいました   持参が正解のようです もっとも天気が良ければの条件付きですが・・・

「チューリップ」が終わったら夏は「ひまわりまつり」(7/31~8/22) 秋は「ダリア祭」

(9/4~10/24)と続くので管理は大変でしょうが この仕事は楽しいのかな それとも

一日中球根を植えて 水や肥料をやったりで季節アルバイトはきついよね   

 っと こんなことを考えながら・・・・・・・ 

園内での食事はあきらめて世羅ワイナリーに足を向けました
b0146353_16331466.jpg

ここにはちゃんとしたレストランがあるのですがGWとあってウェイトレスさん達は大忙し 

名前を書いてしばらく待って席に案内され しばらく待って注文を  

またしばらく待って出されたステーキ丼は値段の割には硬い肉が乗って 

とお世辞にも満足のいく食事ではなかったのですが 行楽地で食べる食事はこんなもの

と無理やり納得させたのでした
b0146353_16483122.jpg

そんな帰り道 小学生高学年くらいの兄弟と思しき男の子が道路を横切ろうと道端で待って

いました

大きなかごを抱えて農園のお手伝いをしているように見受けましたが

車を止めてどうぞ渡りなさいと合図をしたところ2人は渡り終えたところで振り向いて

私たちに向って大きな声で「ありがとうございました」と頭を下げてくれたのです 

世羅高原をすごくさわやかな街というか田舎の印象に 

そして私たちに一陣の薫風を届けてくれたのでした

めったに会えない母ですが喜んでくれたのでしょうか?
[PR]
by dome_house | 2010-05-12 16:33 | 早いもので

☆ GW 鞆の浦 ☆

鞆は住所としては広島県福山市鞆町で「鞆の浦」とも呼ばれています
直近では観光のための景観をとるか 狭い道路対策のために港を埋め立て橋をかけて生活優先をとるのか景観優先住民と埋め立て架橋推進住民とで争った裁判は景観優先の勝訴で埋め立て架橋案は棄却されたことなど話題に事欠きません

近年では宮崎駿監督の「丘の上のポニョ」の着想を得た街としてPRされているようです
b0146353_2243991.jpg

この景色のどこか(正面高台の右側断崖あたり)で宮崎監督が構想を練り作品に登場しているようですよ 

何か少年が出てくる坂道を連想させるでしょう


が 今年はやっぱり坂本龍馬でしょうか

細い路地を入っていくと街角からヒョイと刀を腰に差したお侍さんが出てきそうなまるで幕末の路地にも見えてしまいます(幕末は知らないけど・・・)
b0146353_2244396.jpg

どうですこの感じ その街角を曲がると本当に刀を差したお侍さんがいるのです

b0146353_22452519.jpg

ほら こんな感じで坂本龍馬が現れました このいろは丸展示館は和歌山藩の明光丸と衝突して沈んだ龍馬率いるいろは丸の引き揚げ遺品やジオラマなどが展示されています

b0146353_22463535.jpg

人がすれ違うのがやっとの狭い迷路のような小路を入っていくと 倉敷ならなまこ壁と呼ばれる漆喰を塗ってあるはずの蔵の壁が見てください船板を再利用してあるのです
板が直線でなく微妙な船底型の曲線でできて船板であったことを物語っています 海が見えない場所でも港町の風情たっぷりですよね

b0146353_22483840.jpg

当日は高速道路上限千円施策も手伝ってか他府県ナンバーも多く狭い路地は観光客であふれています
たまたま入った定食屋さんも大忙しです 

b0146353_22495868.jpg

そんな中通されたのは数年前「男たちの大和」で反町隆史がおはぎを食べたのはこの辺ですよ この部屋で撮影されたのです とおかみさんが説明してくれました

b0146353_22505798.jpg

最後にもうひと歩きと鞆城跡に登ってみました 鞆城址には福山市鞆の浦歴史民俗資料館が建っておりそこからの展望は絶景です しかし鞆城の歴史は意外に新しく毛利輝元が築いたが徳川幕府の一国一城令によって破壊され今となってはその姿は知れないそうです

逆にポニョが生まれた丘(上の写真左側こんもりと緑が茂った)の上に大可島城跡があり今は跡地に円福寺が建っているのですが この大可島城は鎌倉末期から室町時代にはすでに水軍城として築かれており南北朝時代には南朝方について戦ったそうです 従ってこちらのほうが随分古いですよね



鞆城址を後にバスターミナルまで歩き 船を降りたときの足元ふらふら状態を避けるため帰路はバスと電車に!   今日は船・バス・電車といろいろな乗り物に乗ることができました

一度お出かけください
[PR]
by dome_house | 2010-05-03 23:06 | 早いもので

☆ GW ☆

あっという間に4月も終わり GWが始まりました

今年のGWは曜日にも恵まれ その上今までの天候不順を償うかのような

晴天が続くとの予報です

そこでチョッと出かけてみました
b0146353_918261.jpg

尾道から船に乗って 出発直後国宝二重の塔を持つ浄土寺と背後の瑠璃山を横目に

船は一路東に!

b0146353_925332.jpg



2つの尾道大橋(一般有料橋としまなみ海道用高速道路)をくぐって尾道水道をぬけ
松永湾に

b0146353_9361316.jpg

遠くに常石造船と境ガ浜ハーバー 丘の上のヴェラビスタ境ガ浜(だったかな?)を見ながら
百島 横島 田島をすり抜けると
b0146353_9395867.jpg

間もなく内海町と田島をつなが内海大橋をくぐり

b0146353_942265.jpg

今回のルート上最も有名な阿伏兎観音 この写真では見えませんが背後に盤台寺
ここでは船も一旦停船して写真サービスタイム しかし潮の流れが早く
揺れる ゆれる ユレる

こうして目的地「鞆」へ
b0146353_9494457.jpg

鞆と言えば何度も歴史に登場しています 今年は竜馬のいろは丸談判の場所として

古くは朝鮮通信使の寄港地 また信長と衝突した足利義昭公の御内書(綸旨は天皇の
発する簡略化した命令であり 将軍の発する命令は御内書と言うのが正しい)発行の地
として 近年は宮崎駿監督が「丘の上のポニョ」の着想を得た場所として観光に一役
かっているようです

以上のように 鞆の地が水運上の潮待ち港として重要な地であったことを物語っています
b0146353_10123170.jpg

当日は観光鯛網も行われていて歓迎してくれました

上陸後は次号に譲ります
[PR]
by dome_house | 2010-05-03 10:16 | 早いもので