<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ウッドデッキ塗装

久しぶりの管理人、りーまです。

代理人がせっせと更新してるんで、ちょっとがんばってみました066.gif
(今日は息子がさっさと寝てくれて助かってます)

さて、このブログの最大のテーマであるドームハウス久々の登場です。

今回はこの暑さで相当ガタのきているウッドデッキをがぶぅが塗ってくれました。

塗装前・・・

b0146353_23395367.jpg




塗装後の写真は・・・そういえば撮っていません005.gif

ウッドデッキで自転車や三輪車を乗り回すので
(土の庭より走りやすいそうです)すっかり痛んで白くなっています。

丁寧に塗料を塗っていってもなかなか色が入らないところもありました。

前回の塗装は昨年の霜が降りる前・・・・

ということは034.gif

1年たってない008.gif

年に一度塗るのはちょっと大変だなぁ032.gif
[PR]
by dome_house | 2010-09-29 23:44 | エクステリア

このコーナーの管理人さん 全く更新をしないですね 死んだふりを決め込んでいるのかなぁ 

と言った訳で代理更新です


 9月23日未明に待望の雨が降りました これでしばらくは畑の水やりから解放されそうです

恵みの雨でほうれん草と白菜・小松菜を追加で播きました っとそんな報告はさておいて

前回の5月22日に引き続いて在職当時の良き理解者っていうか仕事仲間のお姉ちゃんたちと

チョッとした旅をしてきました

 前回は芸術の島がテーマでしたが 今回はもっぱら「食い気」が前面に出た旅です

そんな訳で目的地はやっぱり香川県 

 山陽自動車道をひた走り 何だかサグラダ・ファミリア教会にも見える(私だけかもね)巨大な建造物
b0146353_6185028.jpg

である瀬戸大橋 途中与島SAで一休み後更に一路讃岐平野を目指します

 四国に渡ってから讃岐富士を正面に見て更に高松インターを目指します
b0146353_6203544.jpg

政策のおかげで高松での高速代は¥1,000 助かります

高松の市街地に入りやっぱり讃岐うどんで昼食を!っと予定通りですが さてどの店が良いの?

と迷うことに カーナビでの検索では「○○うどん」がたくさん出てくるのですがあくまでお食事処としての

うどん店 せっかく高松に来たのだから製麺所直営で食べることにしてケータイで検索 街外れの製麺所

を目指すことに! 着いてみると12時前と言うのに駐車場は満車 これは当たりかも知れないと思いつつ

待つこと数分 驚くほど駐車場の回転が良いのです 空いた一角に車を押しこんでお店に入ってみると

それもそのはず 殆どの人がうどん玉を買ってそのまま店を出て行くのです 店にはテーブルがあり

食べている人もいるのですがシステムが分からない すかさずお店の人が

「お姉ちゃんたちはここで食べるの? じゃこっちから注文を言って」と案内を!帳場には

「注文聞いてあげて!」と大声で指示 お決まりの「ぶっかけ」を頼んでごぼうの天ぷらを乗せて

   私の知っている「ぶっかけ」はうどんに濃いめのだしが麺にからむ程度に入っているパターンですが

ここのぶっかけは色の薄いだしがたっぷり入ったもの ねぎとおろしショウガそれにキザミ海苔が少々

  一口すすってのど越しが良い 二口すすって腰がある やっぱり讃岐うどんだとしばらく舌鼓 

早べているうちに正午を回りうどん玉のみを求める人の行列はパタリと途切れ 

代わりにお店で食べる人が次々入ってきます お店選びは間違っていなかったようです

食べ終わって食器をレジ横の返却口に返しお勘定 ワンコイン以下¥430でした 安い! うまい!

の讃岐うどん専門店でした 
b0146353_6235048.jpg


車に戻って次の目的地は?と相談し
1.しまなみ海道の来島海峡観潮クルーズ
2.東洋のマチュピチュで名高い?銅鉱山跡
3.金毘羅さん
他 といろいろ出た結果時間の許す限り近いところからと金毘羅さんを目指し その後時間が許せば

来島海峡に!っと帰路なりのルートでまとまり まずは金毘羅さんをカーナビにセットし出発! 

道路端の電柱の「灸まん」と書かれた看板がだんだん多くなってきてほどなく参道入り口に到着

早めに駐車場に入れ商店街を抜け参道へ すると参道近くに駐車場がたくさんあるではありませんか

近いほど1回千円とかで高いのですよ きっと!  と無理矢理納得

気を取り直してまずは785段に挑戦!
b0146353_6275267.jpg
 
途中で迎えてくれたベッコウ飴売りのお母さんやご神馬2頭を後にひたすら登り 
b0146353_6554547.jpg

本宮までやっとの思いで到着 汗を拭いてまずはご本殿に 2礼2拍手1礼 「旅の安全をお願いします」

軽く会釈でご挨拶終了 ご祭神は大物主の命だったのですね 知らんかった
b0146353_629726.jpg

讃岐平野が一望でき丸亀城の城山や讃岐富士(本当の名前は知りませんので)や遠くには瀬戸大橋も
b0146353_6374662.jpg

さて奥宮は?とお連れさんは行きたかったのかも知れませんが更に600段ほど行ったら

帰らなくてはなりません 帰るということは必然的に下りでむしろ登りより膝が辛いとの推論から断念!

ご神馬まで降りると直径6mもの船のプロペラが奉納されています 海上交通安全の神様だからこれも

有り?と思ったのですが付近には象の銅像も奉納されています なぜ?っと思ったもののそのまま

追求しなかったのですが後で考えてみれば金毘羅さんを祀って居る山は「象頭山」 (ぞうずさん)

だから象の像なのかなぁと思ったのでした

参道を下りきり登りの際に貸してもらった杖を返してついでにそのお店でお土産用のうどんを買って

(後で考えれば「もう1件うどん屋さんによって食べようよ」「人気のうどん屋さんは無くなり次第閉店

が多いので美味しいお店はお腹がすいたころには閉まっているよ」とか言っていたので

この店で食べれば良かったですかね) しかしお連れさんはうどんよりスイーツって雰囲気で

「はちみつソフトクリーム」をなめて消費したカロリーを補って 私も一緒にエネルギー源を補給して

っとお店で立ち止まると 歩いているときは気付かなかったのにじっと立っていると膝が小刻みに

・・・・・・・・・笑っています って言うか爆笑しています

奥宮まで行かなくてよかったと駐車場まで帰ったのです

ここからは運転をお姉ちゃんに任せて後ろの席で一休み

 と自分の車の後ろの席はめったに座ることのない席ですから 

でもなかなか一眠りまでは出来ませんいろいろ話しながら一路今治を目指します 

途中「ゆずせんべい」の話が出て新居浜にしかないゆずせんべいが一番おいしと

お姉ちゃんの母上が大ファンとの事 「四国に行ったらゆずせんべいを買ってきんさいよ」 ときついお達し

を受けているとか    んな訳でなにはともあれ新居浜駅に行ってみることに 

駅の北側(瀬戸内海側)は工事中で駅前という雰囲気はゼロ 本当に有るの?と思いながらキオスクに

「有った!コレコレ!!」 と表は普通のせんべい色(茶色)なのに裏は砂糖が塗ってあり白色

の変わり種 ネットで見ても「ゆずせんべい」はあちこちにあるもののこの種のゆずせんべいは

「田岡秋月堂」のものだけのようです

キオスクの在庫全てを我々で買い占めて(とは言っても店頭の4個だけですけど)今治市を目指します

「もう高速に乗るまでもないよね」「高速より下のほうが土地感が感じられていいよね」とか理屈をこねながら

「しまなみ海道」に向かうのですが途上見事な天孫降臨?を目の当たりに思わず写真に撮ったんですが

太陽柱かと思いきや太陽柱は太陽の上方に光の柱が現れる現象でこれは太陽柱ではないことが

判明しました 特に珍しい現象ではないのでしょうが天孫降臨かく有るべしの眺めでした
b0146353_6571533.jpg

そんなこんなで「もうこの時間だと観潮クルーズは終わっているだろうね」「またにしようか」

「冬は当然休んで春に計画しようか」「そんなに待てないからBBQを挟んだら」「BBQなら11月ごろ?」

「なぜか一人欠けているんでそろう時を狙ってね」「何だか山ほど買っちゃったね」

「シートの一人分はお土産で埋まっているから4人だと大変だったね」とか言いながら

今治インターを入った時は薄暗い状態に! これでは観潮クルーズは絶対に無理なので次回以降に

てな訳で帰りはしまなみ海道をひた走り
b0146353_6483413.jpg

尾道直近の向島インターでの料金は¥1,000 民主党も悪くないか

こんな顛末で今回の旅も無事終了 

次回はまだ立案も出来ておりませんがそろって出かけられるよう日程を調整しましょうね

お疲れさまでした
[PR]
by dome_house | 2010-09-27 06:55

☆ 実り ☆

毎日暑い日が続いております 今日も30℃越えで風が吹くと爽やかなのですが日差しは強く

日向に出るのが嫌になります

予報によると22日に雨が予想されておりその日を境に気温は平年並みに落ち着きそうですが

10月にはまたも夏日もありそうな雰囲気です

そんな異常気象の今年ですが 秋の虫はしっかり鳴いているし実りも秋を忘れていませんよ 

とばかり秋の味覚を届けてくれています

b0146353_1533738.jpg
 


とは言うものの先日と今回の収穫で栗ごはん1回分に足りるかなあ 

夏以降の少雨で栗も実ることなく落果するのが多くイガの数ほどの収穫はありません

ただし、拾うのが遅れるとタヌキかそんな動物が勝手に拾っていると思われます

というのも拾った栗の数より空になったイガグリのほうが多いもんですから・・・・・

それにしても まだまだ畑への水やりが必要です 

と言うのも 少しばかりの秋野菜を植えたので水やりに時間が掛かるようになりました

お湿りが欲しいものです 祈降雨!!
[PR]
by dome_house | 2010-09-21 15:42

☆ 同窓会? ☆

朝夕はさすがに秋の気配ですが日差しはまだまだ真夏の様相で昨日は34℃だったとか

こんな中ミニ・ミニ同窓会です 

昨年末に中学校の同窓会に出席したのですが その後のとある研修会の顔ぶれの中に

同窓会に出席していた友人が混じっていました 

男が集まると「一度飲もう」1回目がすむと「また飲もう」と 

どうしても「飲ミニケーション」の話になるのが常です

今回もそんな話からミニ同窓会が開催されたような訳で還暦を過ぎた男が4名 

b0146353_11432521.jpg


(それにしても同級生なのに頭髪の心配はなさそうですね 仕事が楽なのかなあ と独り言)

話題の中心は仕事からのリタイヤメントと年金の話 孫の話 そして寂しいけど同級生が

病気やけがで亡くなった話 

b0146353_11444918.jpg


そんなこんなで3時間半ほど ちっとも話題は尽きないのですが 瓶ごとでも飲んでしまう勢いが

少しづつペースが落ち料理も一通り出尽くしたようなので再開を約してお開きにしました 



普通なら足元があやしくなってくる、呂律があやしくなってくる 同じ話がくり返し出てくると言う状態になるまで

行ってしまうのでしょうが・・・今日のメンバーはある意味紳士で時計を見てそろそろ!

と切り上げたのです

お疲れさまでした 次回も誘ってくださいね
[PR]
by dome_house | 2010-09-12 11:50

庭木の剪定講習

ブログ乗っ取り犯(?)による更新です

剪定技術講習を受講しました 受講生約20名に対して造園業の社長と教官3名で3班に分かれて実践です

午前9時から午後4時まで月曜日から金曜日までの5日間 のスケジュールで受講です

当然ですが樹木の剪定作業は屋外作業ですから クーラーなどありません

35℃を超える連日の猛暑の中熱中症に注意しながらの受講で 木の名前も教えてもらいながら

黒松 五葉松 ツバキ サザンカ かなめ 棒ガシ カイヅカ 梅 紅葉 金木犀 樫 バべ ろう梅 イヌマキ

等を習いましたがやはり一番時間を割いたのが黒松です なんでもいちばん難しいとされるのは松 次いで

もみじが難しいと言う人が多いそうです


黒松を摘むためのまずは道具(先のとがった両刃のはさみが基本)だそうです すぐに松ヤニがべったり

付いて動きにくくなるのですが取るにはコツがあるようです 

まずははさみは上から 左手は枝の下から添える 一枝ごとに仕上げる 上に向かって伸びている芽は摘む

 内側に向かって伸びている芽は摘む そして伸ばしたい方向の芽を基本は2本残す 枝の下方に向いて

いる古葉は落とすことなどを念頭に置き実践です 

出来上がりはそこそこ形になっています 

もしあなたが庭主なら目の前の剪定に対して作業料を支払うかどうか問われて う~ん どうだろう 

とかワイワイ言いながら   

 後で社長から作業中はもっと手元に集中しないと脚立から落ちたり 道具を落として下の人に怪我をさ

せたり事故が起きやすくなります 必要以上は口を動かさず集中して欲しいと注意を受けたりしていました

当然ですよね 事故が起きてからでは遅いので・・・・・・


こうして5日間 毎日2~3リットルの水を飲んでもすぐさま汗に代わる猛暑の中

4日半は実際の剪定作業の実践に 残り半日は社長の総合的な批評を聞きながら他の作業員の剪定結果

を見学して5日間の講習を終了しました


今後は我家の庭木を自分で摘もうと思いながら帰宅しましたが 本当に体力を消耗した一週間でした

ご一緒いただいた受講生の皆様 講師の先生そして実践の場所と庭木を提供いただいた白川造園緑化の

白川社長 お世話になりました    お疲れ様でした
[PR]
by dome_house | 2010-09-06 06:16 | エクステリア