<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

☆ 紅葉狩り ☆

最近は管理人がこまめに更新しているようですが ピンチアッパーとしても準備した記事を更新します


急に寒さがやって来て野菜の生育が鈍っていますね

ほうれん草も小松菜もブロッコリーもカリフラワーもダイコンも全部が成長を止めているかの如くです

したがって農作業にも休みが多くなります 雑草だって成長が遅くなりますから・・・

この休みを利用して山陽路の古刹「仏通寺」へ紅葉狩りに行ってきました

 国道2号線から右折してウネウネと登って行ってさらに離合不可能な細い道を進むと一方通行の標識

と係員の誘導がありこれまたウネウネと 山陽高速 三原久井インター近くまで

そこから今度は下り坂を進んで第一駐車場に到着 ここに車を止めて後は徒歩です
b0146353_895768.jpg

 同山は1397年(応永4年)沼田荘地頭小早川氏が・・・以下写真で読めますか?
b0146353_873319.jpg

更に塔頭も最盛期には88か所を数え現在も5つの塔頭が有るのだそうです

山門前の仏通寺川を挟んで紅葉が赤く・黄色く色付いて見事です
b0146353_8162955.jpg

屋根つきの橋を渡ってすぐの山門(総門)をくぐると鐘楼と庭 土塀の向こうに見える紅葉と調和して

見ごたえがあります
b0146353_811148.jpg


大方丈という名の本殿には御本尊の11面観世音菩薩像にしばし手を合わせてお参り 

傍らには小早川隆景公 開山の僧である愚中周及(どうお読みするのか分かりません)のご影の軸が

掛かっておりました

仏殿は法堂を兼ね釈迦三尊像がが祀られています
b0146353_8125438.jpg
 

外に出ると禅寺(臨済宗)らしく獅子堂と名付けられた禅堂があり研修などの座禅はここで行われるとの
説明がありました
b0146353_8134224.jpg

仏通寺川を挟んで反対側には多宝塔や開山堂・地蔵堂などがあり赤い多宝塔の屋根と尖塔だけが

木々の上から見えておりなかなか風情が有ります
b0146353_8145533.jpg


目的の紅葉ですが第2駐車場わきの参道から眺めた紅葉が一番きれいに思えました
b0146353_819086.jpg

 この場所に茶店があり500円程度で抹茶とお菓子がふるまわれており 小規模ながら土産物も

置いてあります 

ゆったりのんびりの秋の休日でした
[PR]
by dome_house | 2010-11-21 08:22

ねずみかヘビか!!

こんにちは、りーまです。

ドームハウスを建て、早くも1年9ヶ月がたちました。
近所にも馴染み?学区の人だったら「まーるい黒い家なんよ」と言えば大抵「あーあー!!あの!!」と分かってもらえます。

ところで、わがドームハウスでは引っ越してきた当初から天井裏や屋根のあたりでカリカリカリカリ・・・・と音がしていました。
何度もBESSに来てもらい、ねずみの殺虫剤をコンセント内に置いてみたり、エアコン室外機のホース穴をシリコンでふさいでもらったりしてたのですが!!

先日やっと動物たちの入り口を発見しました!!
エクステンションの端、屋根と壁の間の微妙な部分になんとかっていう建材がちょびっとだけ足りてなかったんです002.gif

BESSの担当者さんが手を突っ込むと
   ・ 
   ・  
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
なんか白いひらひらしたものが??
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
ズルズル・・・と引き出してみるとなんとヘビの抜け殻054.gif054.gif054.gif
大ショックです020.gif

白ヘビだったら金持ちになれるかも!とか冗談を言いながらも家からヘビの痕跡が出てきたことに凹みました。
穴はすぐに大工さんに来てもらい無事ふさいでもらったのですが、カリカリカリカリ・・・の正体は未だ分からず・・002.gif
(だってヘビはカリカリいいませんよね?)

同時にウッドデッキの上部にこうもりだか鳥だかが来て糞をいっぱい落としています。
ウッドデッキ超汚いし、壁から音がするし(こうもりの音か、進入ねずみの音か不明)
なんだか自然にまみれているドームハウスです。

(写真載っけるのめんどくさいのでなしです。横着でごめんなさい)
[PR]
by dome_house | 2010-11-17 22:31 | ドームハウス

☆ 魔笛 ☆

福山のリーデンローズにオペラを見にと言うか聞きにと言ったら良いのか行ってきました

ポーランド国立ワルシャワ室内歌劇場オペラ 指揮ルベン・シルヴァによるモーツァルトの「魔笛」です
b0146353_20363542.jpg

ほぼ半年前からチケットを入手し楽しみにしておりました 

指定された席はS席ですが前から24番目の とは言っても最前列から10列ほどはオーケストラピットと

なっており観客席の最前列は10数列目からです 

開演前に席に付きオーケストラのチューニングや本番直前の練習と言うか確認の音を聞きながら

待つこと10分程 ブザーが鳴りいよいよ開幕ですが まずは『序曲』が終わって第一幕の幕開きです 

怪物におびえるタミーノ   タミーノが気絶しているすきに夜の女王の侍女3人が怪物を退治してしまいます

そこへ現れるパパゲーノとパミーナそれに3人の侍女がそれぞれがアリアを 二重唱を そして三重唱を聞か
せて物語は展開していきますが 想像してみてください その間 ずっとモーツァルトの心地良い音楽が流れるのです(当然ですけど・・・)

したがってアルファ波が出まくりで舞台上の怪物との戦いや夜の女王とザラストロの戦いとは別に

客席では睡魔との闘いが繰り広げられます 後ろのほうでは戦いに負けた「いびき」も聞こえて失笑を

誘っています

夜の女王のアリア「私の運命は哀しみに満ちて」が終わるといよいよパミーナとザラストロの登場です

タミーノが魔笛を吹くとタミーノを妨害するための猛獣までも踊りだし魔笛の魔力を感じさせる場面はユーモア

に満ちた場面ですが ザラストロの宮殿前でタミーノとパミーノの出会いで第一幕の終了




約20分の休憩の後 第二幕です 冒頭はザラストロの宮殿でザラストロは「おお イシスとオシリスの神よ」

で素晴らしいバスを聞かせてくれます

一方の夜の女王はアリア「復讐の心は地獄のように燃え」を聞かせる訳ですがこの曲はCMでも良く流れて

います 背筋がゾクゾクッとするような聞かせるアリアですよ 歌劇「魔笛」で一番有名なのはこのアリアかも

知れません

パゲーノはワインを飲んでアリア「恋人か女房か」をうたうと老婆が出てくるのですがこれは仮の姿 

汚れた衣装を脱ぐと18歳のパパゲーナが現れますがすぐに消えてしまいます

沈黙と火と水の試練の場面を経てパミーノとパミーナの恋は成就するのです

喜びに満ちたパパゲーノとパパゲーナによる「パパパの二重唱」で最高潮に達します

最後はザラストロによる勝利宣言で約3時間のステージはあっという間に終わり鳴り止まぬ拍手に緞帳は

三回も開いてアンコールは無いのですが出演者の挨拶が続きました

外に出てみるとあたりはすっかり真っ暗であっという間の3時間でした

が久々の充実したサンディアフタヌーンを過ごしました ステージの録音や録画は固く禁じられておりました

ので映像は無しです 皆様もオペラをお楽しみ下さい
[PR]
by dome_house | 2010-11-16 20:46

なんと!

なんと!私りーまとがぶうに3人目の子どもが授かりました016.gif

今年の暑い夏はつわりでしんどかったのですが、早くも安定期に入り

妊娠期間も人生で最後かな・・・とマタニティライフを楽しんでいます060.gif


先週の土曜日に検診だったのですが、カルテには「性別不問」と書いてもらっています。

(赤ちゃんがある程度の大きさになったら、超音波検査で性別は解るのですが、あえて知ろうとしません、という意思表示)


しかーし!男、男と続いている我が家では、「女の子が欲し~い053.gif」という気持ちが強く、

もし女の子だったら、かわいい服を買おう!とか考えてると、もう性別が知りたいような知りたくないような・・・むずむず

先生に「何にも言わずに、そのあたりを見せてもらえますか?」っておまたのあたりを見せてもらいました。

私は・・・??よくわからなかったのですが、まーるいのは見えないよね??

これって女の子??って感じだったのですが、次に超音波による心臓や脳の精密検査?の時に同じように画像を見せてもらい、ばっちり割れ目が映り女の子を確信しました!!

検査技師さんにも、性別判定のコツ?を聞き、女の子を再度確認すると、なんだかほっとして涙が・・・007.gif

一緒に来ていたがぶうも大喜び!!「今から溺愛確実じゃな!!いやーよかった053.gif」って(笑)


上二人はお古の服をもらったり、ばあばやお友達が服をくれたりしたので、ほとんど自分で服を選ぶことがなかったんで、今度こそ自分好みの服を選んで着せたいな072.gifと考えています。

一人目は産みの苦しみへの恐怖でどきどきのマタニティライフ
二人目は慣れて?なんにも考えなかったマタニティライフ
今回の三人目は最後かな、という気持ちもあるので、(性別も分かったし)うきうきのマタニティライフです。

無事に生まれておいでー053.gif053.gif053.gif
[PR]
by dome_house | 2010-11-09 22:14 | 日々思うこと

☆ ベッチャー ☆

11月3日は尾道の「べっちゃー祭り」です その昔の疫病退散祈願のためのお祭りが現在に伝わっている

そうです

 今年はその言い伝えを尾道大学美術学部の学生さんが紙芝居にしてくれました
b0146353_22401537.jpg

 さも見て来たかの様にリアルに絵にして最後は現在の尾道の風景でお終いです
b0146353_2241491.jpg

 そしてこのべっちゃー祭りは疫病退散祈願のため『べっちゃー』と『そば』と『しょーきー』の三人の鬼が

人間にふんして待ち中を練り歩きササラ竹で街ゆく人(特に子どもを)叩くのです

 叩かれた人は1年間病気にならない(風邪をひかない)と言われているそうですよ

三人の鬼が太鼓をたたくシーンは勇壮ですドンドコ ドンド ドーンドンドコ かなり長い間太鼓は続きます 
b0146353_22421311.jpg

とみると『てっぱんの欽にい』がいるではないですか
b0146353_22431139.jpg

 その隣には『鉄にい』も尾道のお祭りに参加したのだそうです
b0146353_22442850.jpg

 法被が似合っていますよね 先日に続いてタレントさんによく出合います

お祭りは神輿に続き前述の白いべっちゃー・赤いそば・緑のしょーきーの次に2頭の獅子がお祭り広場を

練り歩き最高潮です
b0146353_22471777.jpg

 この広場が終わると商店街で子どもを泣かしながら(獅子頭や三匹の鬼が目の前に迫ると

小さい子供はたいてい泣いてしまいます)無病息災を振りまき神社に帰って行くのです

お祭りは古い伝統が形になったものですがこんなところにも港町尾道の伝統が生きているのですね
[PR]
by dome_house | 2010-11-07 22:49

☆ てっぱんロケ ☆

11月の初め天気のいい日にちょっと出かけてみました 海辺のお店で食事を!と 以前寄ったことが有る

お店を覗いてみました 丁度カウンター席が三席空いておりそこで食事をすることに!

小さな店ですが満席になると店長兼板前さんはてんてこ舞い!! 

少々時間をくださいとのことでゆったり待っていたのですが 店に入る前から店の付近がいつに無く

騒がしかったのを思い出して聞いてみると 「今日は朝ドラ『てっぱん』のロケをやっているんですよ」

との事 同伴者はちょっと覗いてみる!と席を立ってしまいました

実は10月30日持光寺と言う古刹で「国宝・普賢延命像」なる仏様が30年ぶりの御開帳でこれを機に

母を呼んで見ておこうと出かけたのです なんでも平安末期 平清盛のころ1150年ごろの作だそうです 

像が描かれた軸の前で国宝なる仏様を見ているとどこからともなくプ~ン!と蚊が たたこうとすると

案内してくれたお坊様が「昼からここに居るんですよ 仏様の前なので殺生をしないようにそのままにして

おります」とのお言葉 危うく無益な殺生をしてしまうところでした  


同時に津軽三味線のコンサートが有ったので三味線が趣味の母と一緒に見に行ったのです

自宅に送って行く前に尾道の街をひと巡りし お土産を買ってついでに食事をとこの店に寄ったのです

二人はほどなく帰ってくると「あかりちゃんと駅伝くんがいた でも近づけないのですぐ帰って来た」と言って

いました
b0146353_20585056.jpg

お刺身定食も出てきてお刺身に舌鼓 やっぱり尾道は魚がおいしいわぁ と言いながら完食!

   と外を見ると雨が 寒気の影響による時雨でしょうか でもやっぱりロケは続いていました
[PR]
by dome_house | 2010-11-05 21:01